ストレッチで下顎のたるみなくし

顔(下あご)のたるみ

私の祖母は85歳になっても、しわもなくたるみも少ないとてもきれいな肌をしていました。もともと美容に気を付けている祖母だったのですが、それにしても同年代の女性よりははるかに若く見えるのです。
ある日、「どうしてそんなに若々しいの?」と聞いてみたところ、毎日欠かすことなくあるストレッチを行っているとのこと!
教えて教えてとせがみ、ようやくききだしたそれは、上を向いて猪木張りに下あごをつきだす。というもの。

 

口を開けたり閉じたりで20回、アントニオ猪木のように下あごを突き出すを20回、それぞれを毎日2セットは必ず行っているそうです。
さすがに私も人前でやるにはやや恥じらいがありますので、お風呂上がりで一息ついたあとの5分間(実際は5分もかかりません)を利用することにしました。
産後で体中のたるみが気になっていたので早速チャレンジ!
初めは忘れてしまう日も正直ありましたが、特に負担を感じるわけでもない簡単なストレッチだったので、徐々に習慣化し、無理なく続けることができました。

 

半年ほど続けていたせいでしょうか、だんだんあごのラインがすっきりしてきたことが感じられ、友達にも「顔小さくなった?」と言われるようになりました。

 

そして、祖母に教えてもらったストレッチのほかにも、あごから耳のラインにかけてぐーっっと持ち上げる運動も合わせて行うようにしていたところ、リンパの流れもよくなったようで、肌荒れなどもあまり気にならなくなりました。40代半ばになった今でもあごと首はくっきり♪しわもたるみもありません。

 

どちらも簡単なストレッチなので、テレビを見ながらや寝る前、入浴中など思い出したときに取り組んでいただけると効果抜群です!